0コメント

■ ユピテルのドライブレコーダー特集 現行モデルの特長と購入用リンク+便利な周辺機器 (2013年~2015年発売機種1月)

ユピテル(YUPITERU) 常時録画ドライブレコーダーコンパクトミニモデル DRY-Slim1

 こんにちは。
今回は、ユピテルのドライブレコーダーを紹介します。

 現在、発売されている機種。2013年~2015年モデル。
機種ごとの特徴と購入用リンク、周辺機器を紹介します。

■ ユピテルのドライブレコーダーについて


ユピテル(YUPITERU) 常時録画ドライブレコーダーコンパクトミニモデル DRY-Slim1

 車用のナビやレーダーで強い人気を誇るユピテル。
ドライブレコーダーも、人気です。

 ユピテル製ドライブレコーダーは、昨年から価格が一万円を切る機種が登場し始め
人気ランキングの上位を占めるようになってきました。

● 2014年モデルについて

ユピテル(YUPITERU) 常時録画ドライブレコーダーコンパクトミニモデル DRY-Slim1

 ユピテルの良いところは、多彩なラインナップ
ドライブレコーダーの人気が上がるのに伴い、2014年から新製品が大量に投入され始め、同社の中でもレーダー機くらい力が入ってます。現在は、一般向きモデルだけで26機種もあります。

 GPSや無線LAN搭載の上級機。業務用や、小型モデル。そして、ミラー型など、個性がある機種が登場。
予算や使い方に合わせて選びやすいのも特長です。
 
● 選び方

 選び方としては、まずは大きさやデザイン。
そして、GPSや無線LAN機能など自分が欲しい機能を選ぶと良いです。

初心者の方でも、2014年モデルからは、ほとんどがフルHDの高画質、音声録音も可能になり、
実質どの機種を選んでもドライブレコーダーとしての機能は、果たせるようになってるのでご安心を。

● 参考 ドライブレコーダー DRY-FH200 サンプル動画



 ユピテルの公式動画。フルHDの画質まで確認出来ます。
ドライブレコーダーの画質が分かります。



■ 目次と、見出し - ジャンルについて

 記事上から

■ ドライブレコーダー 購入用リンク

注目人気機種

上位機種 無線LAN搭載機
中級機 Gセンサー搭載機
スタンダートモデル

周辺機器
取り付け用品、配線コード、記録カード


(項目をクリックすると、項目へジャンプします)



■ ■ 各製品の特長と購入用リンク 



 簡単に 機種の特徴を紹介して あなたにあった製品を選びやすく、お手伝いします。
今回は、現在販売されているモデル。2013年~2015年1月末までのモデルをご紹介。 
 なお、現行モデルでも、生産が終了し在庫がない製品と、音声録画ができない機種は、実用性が低いと判断して、今回は紹介を省いています。

● 購入用リンクの使い方

 写真と商品名は、amazonにリンクしています。
楽天やヤフオクのリンクをクリックすると、同品名を検索します。

■ 注目人気機種 


・DRY-FH220M
2013年11月発売

ユピテル(YUPITERU) 常時録画ミラータイプドライブレコーダー200万画素Full HD画質 DRY-FH220M

 ユピテル唯一のミラー型ドライブレコーダー。
人気も高く、同社製品でなんと人気1位。

 平面ハーフミラーで、画面のオンオフ可能。画面は、2.5インチLEDバックライトTFT液晶。

ユピテル(YUPITERU) 常時録画ミラータイプドライブレコーダー200万画素Full HD画質 DRY-FH220M

 カメラのレンズは、上下左右に向けられます。
録画画質は、フルHD。動画、静止画撮影時に4倍デジタルズーム可能

 ミラー型ドラレコは、各社が挑戦していたのですがなかなか定番品が出ませんでした。
ユピテルは、ミラー型レーダーの実績があるだけに、FH220Mも完成度が高いのが強みです。




・DRY-mini1
2013年11月発売

ユピテル(YUPITERU) ミニタイプ常時録画ドライブレコーダー DRY-mini1

 ドラレコがとにかく欲しい方。
自動車や、カー用品の初心者だけどドラレコを付けてみたい方にオススメ。

 ユピテルのドライブレコーダーで一番人気。
小さな本体と、お手頃価格が魅力です。現在は、7千円ほどまで価格が下がり、とても買いやすくなりました。

特長は、ミラーの裏にも隠せる小さな本体。
そして、1.41インチの液晶画面も付いています。走行中のモニターや動作の確認が可能。
録画画質は、実用性の高い720P(1280x720)録画が可能、VGA画質での録画も出来ます




● 注目機

 新型で人気が出そうな機種を紹介します。

・DRY-mini2WG 
2014/7/26発売

ユピテル(YUPITERU) 常時録画ドライブレコーダーコンパクトミニモデル DRY-Slim1

 人気の高かったDRY-mini1の後継。
今は、価格が高めですが、これから人気が出ると思います

ユピテル(YUPITERU) 常時録画ドライブレコーダーコンパクトミニモデル DRY-Slim1

 ミラーの裏に隠れるような、小さな本体が特長です。
高画質で、基本性能も充実。新型となって、フルHD録画、GPSも搭載。

 モニターは1.4インチTFT液晶。エンジン連動機能。Gセンサー搭載
画質は、500万画素CMOS。1080P HD、1080P、720P、VGAで撮影可能
GPSにも対応しています。位置情報を記録。専用ビューアソフトで走行軌跡を表示可能。

 1年でここまで性能があがるのか、と感心します。



■ 上級機 無線LAN搭載機  


  ユピテル独自の機能で、無線LAN機能を備えています。
スマホでの遠隔操作、動画確認。スマホへの直接記録、動画保存が可能。

 また、ACアダプターを使って、家庭で使うことも出来ます。
マルチカメラに対応し、4台までの接続が可能。
 
 ドライブレコーダーというより、
使いこなしとしては、車載カメラに凝りたい肩や、ドライブの記念撮影。 家庭でのネットカメラとしての使用にも向いています。

・ユピテル(YUPITERU) 400万画素カメラWiFi搭載一体型ドライブレコーダー DRY-WiFiV5c
2014/12/7発売

ユピテル(YUPITERU) 400万画素カメラWiFi搭載載一体型ドライブレコーダー DRY-WiFiV5c

 ユピテルの最新機種。

 円筒形型のデザインです。従来品とデザインは似ているのですが、半分くらい小さくなりました。
レンズ部は可動式、フロントガラスの傾斜に合わせたり、画角の調整がし易くなってます。
本体右上の部分が、両面テープ取り付け式の台座で、雲台型よりかなりコンパクトになります。

ユピテル(YUPITERU) 400万画素カメラWiFi搭載載一体型ドライブレコーダー DRY-WiFiV5c

ドライブレコーダーの機能も充実。
高画質カメラや、フルHD撮影可能。バッテリーによる記録。エンジン連動機能。Gセンサー搭載。

無線LAN機能搭載、マルチカメラ対応。

性能:最大記録画角:水平115°、垂直60°
Full HD & 400万画素CMOS搭載

同型機 WiFiV1cとの違いは、このV5cが、カー量販店専用モデルで少し多機能です。
V5cはGPSを搭載。GPSで位置情報を記録。専用ビューアソフトで走行軌跡を表示可能です。




・ユピテル(YUPITERU) 400万画素カメラWiFi搭載一体型ドライブレコーダー DRY-WiFiV1c
2014/12/7発売

 上のV5cからGPS機能を省いたモデルです。



・DRY-WiFi40c
2014/6/20発売

ユピテル(YUPITERU) WiFi対応 常時録画ドライブレコーダー2.0インチ液晶搭載最大300万画素Full HD画質 DRY-WiFi40c
ユピテル(YUPITERU) WiFi対応 常時録画ドライブレコーダー2.0インチ液晶搭載最大300万画素Full HD画質 DRY-WiFi40c

 ユピテルドラレコで、一番人気の機種。
外観は、四角い小型デジカメ風の筐体。右の四角い部品はGPSセンサーです。

 機能としては、GPSとWiFiに対応しています。
GPSは、位置情報を記録。専用ビューアソフトで走行軌跡を表示可能。

無線LAN機能搭載、マルチカメラ対応。

 高画質カメラや、フルHD撮影可能。非常用電源(キャパシタ)による記録。エンジン連動機能あり。
視野角は、対角160°

 なお、バリエーションとして、末尾がdのモデルは、指定店専用機種で、直結コード付属タイプです。
通常版のDRY-WiFi40cは、シガーアダプタが付属するモデル。



・DRY-WiFi20c

 上級機DRY-WiFi40から、GPSとWiFi機能を省いてドライブレコーダーに機能を絞ったモデル。




■ 中級機、常時録画+Gセンサー記録タイプ 


 Gセンサーを搭載し、衝撃を感知しての録画ロックが可能。
事故に備えます。

・DRY-AS350GS
 2015-01-22発売

 今年発売の、新機能を持ったモデルです

 特長として、ユピテル初の機能”スマートインフォメーション”機能を搭載。
全車が発進したことをブザーと表示で警告してくれます。 

外観は、四角いデジカメ風の筐体。モニターはLEDバックライト搭載1.5インチTFT液晶

GPSにも対応しています。位置情報を記録。専用ビューアソフトで走行軌跡を表示可能。

 ドライブレコーダーの機能は、310万画素CMOS搭載、フルHD撮影可能。非常用電源(キャパシタ)による記録。エンジン連動機能。 



・Full HD ドライブレコーダー  DRY-FH95WG
 
 2015年の最新機種。

 扱いやすいデジカメタイプで、
特長として、同社で最高画質の500万画素CMOSカメラを採用 
 モニターはLEDバックライト搭載2.0インチTFT液晶

GPSにも対応しています。
位置情報を記録。専用ビューアソフトで走行軌跡を表示可能。

 ドライブレコーダーの機能は
高画質カメラや、フルHD撮影可能。非常用電源(キャパシタ)による記録。エンジン連動機能。

画質はFull HD & 500万画素CMOS搭載 




・ユピテル(YUPITERU) 常時録画ドライブレコーダー200万画素Full HD画質 DRY-FH52WGc
2015/8/21

 500万画素の高画質機。GPS搭載。
デジカメ型で、モニターが2.4インチと大きめ。
動画・静止画撮影でデジタル4倍ズームが可能。

GPS搭載。位置情報を記録。専用ビューアソフトで走行軌跡を表示可能。

 ドライブレコーダーの機能は
フルHD撮影可能。
200万画素カメラ。視野対角150度



DRY-FH32GS [ディーラー販売専用モデル]

上のDRY-FH52WGcから、GPSを省いたモデル。



・DRY-FV93WG [在庫無し]


・ ユピテル(YUPITERU) 常時録画ドライブレコーダー200万画素Full HD画質 DRY-FH92WG
2013年11月15日発売

 2013年発売の上位覬覦。
デジカメ型。500万画素の高画質機。GPS搭載。
モニターが2.5インチと大きめ。
静止画撮影でデジタル4倍ズームが可能。



・ユピテル(YUPITERU) 常時録画ドライブレコーダー200万画素Full HD画質 DRY-FH72GS

2013/12/13発売

 上のDRY-FH92WGからGPSを省いて
お買い得にしたモデル



■ スタンダートモデル  


 ドライブレコーダーの基本機能に絞ったモデル。
買いやすい価格になります。

2年前くらいのトップクラスの機能を持っているので実用には十分なレベルです。

・DRY-FH330
2015-01-22発売

 上位機のDRY-AS350GSから、GPSと ”スマートインフォメーション”機能を省いて買いやすくしたモデルです。
 外観は、四角いデジカメ風の筐体。モニターはLEDバックライト搭載1.5インチTFT液晶
ドライブレコーダーの機能は画質はFull HD & 310万画素CMOS搭載。対角104度。
フルHD撮影可能。非常用電源(キャパシタ)による記録。エンジン連動機能。



・DRY-Slim1 ユピテル(YUPITERU) 常時録画ドライブレコーダーコンパクトミニモデル
2014/10/24

 薄さ16mmの小さな本体が魅力。
 昨年末に発売されたばかりですが、7千円ほどで買いやすい機種です。

 モニターは1.4インチTFT液晶
 ドライブレコーダーの機能は画質は720PかVGA。 310万画素CMOS搭載。対角118度。




・DRY-FV13 [特定カー量販店向きモデル]
2014/10/11発売 

 小さい本体で、フルHD撮影が可能な機種。

上位機DRY-WiFi40cからGPSやGセンサー、LAN機能を省いて買いやすく、
基本機能に絞った機種です。

 ドラレコの機能が有ればいい、小さい機種が欲しい方にオススメ(^^)v



・DRY-FV53GP
2014/5/27発売

 やや大きめの本体で、バッテリー内蔵モデル。
本体を取り外して使用できます。機能も多め。

 ドライブレコーダーの機能は
画質はFull HD。310万画素CMOS搭載 視野対角115度。

 エンジン連動機能。GPS搭載で位置情報・日時・速度情報を記録可能。



・ユピテル(YUPITERU) 常時録画ドライブレコーダー2.4インチ液晶搭載200万画素Full HD画質 DRY-FV33
2014/5/20発売

 上のFV53GPから、GPS機能を削って買いやすくした機種。

 価格は現在8千円台で、
国産機では、かなり買いやすいモデルです。



・DRY-FH211
2014/5/24発売

 ユピテルの、ドライブレコーダー基本モデル。

 基本機能に絞って買いやすいモデルです。
バッテリー内蔵。本体を取り外して使用できます。

 ドライブレコーダーの機能は
画質はFull HD & 200万画素CMOS搭載。対角104度。
エンジン連動機能あり。



 > バリエーション DRY-FH23 

[家電店、ホームセンター向きモデル]

[販売店無し]


■ オプション、周辺機器  


 ドライブレコーダーを使う時に便利な周辺機器。

■  マイクロSDHCカード


 マイクロSDHCカードは、携帯やスマートフォンにも使われる小さめのカード。タブレットのガムくらいの大きさ。ドライブレコーダーや、レーダー探知機で主流のカードです。

 電池のように寿命があります。
常時書き込むドライブレコーダーだと、定期的に交換するのがオススメ。酷使している場合は、速いと3年くらいで寿命が来ます。

・Transcend microSDHCカード 32GB Class10 永久保証 TS32GUSDHC10
トランセンド・ジャパン

高速な、クラス10。 容量はSDHCで最大となる32GB
半導体に強い、台湾トランセンド社製。 永久保証も魅力です。

UHS規格では無いため、主流のSDHC対応機器との相性が良く、
古い機器でも、認識がしやすいカードです。





■ 純正オプション

・5Vコンバーター付  電源直結コード  OP-E755(約4m)

シガーライターソケットを使わず  車内電源端子から、直接電源をとることができます。



・OP-E804

 ドライブレコーダー用のACアダプタ。
家庭や車庫での使用が可能になります。



■ 更新

2015年1月29日 作成

■ 関連記事 

2014年のセルスター新型レーダー特集 特長と購入用リンク + 周辺機器

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック