0コメント

■ コムテックレーダー 2018年版  ~ 各機種の特長、購入用リンク +周辺機器

コムテック レーダー探知機 ZERO 805V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応 ゾーン30対応 ユーザー投稿システム搭載 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携 ZERO805V

コムテックの2018年、レーダー探知機が登場しました。

レーダー探知機の購入が初めての人には、メーカーや種類が多く悩む用品。
進化も激しくて車好きでも選ぶのが大変。そこで各機種の特長や違いを紹介します。
 
 コムテックの2018年レーダー探知機特集。 
新型と現行機種の特徴、便利な周辺機器も紹介します。


■ はじめに COMTECについて - 2018年度レーダー探知機の変化 


コムテック レーダー探知機 ZERO 805V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応 ゾーン30対応 ユーザー投稿システム搭載 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携 ZERO805V

 コムテック社はカー用品メーカー。
レーダー探知機やセキュリティ機器などお手頃価格の機種を出しています。


 外観は精悍で落ち着いたデザイン。使いやすさに力が入れられています。 
特長は日本製造品が多くて3年保証も魅力。

 特に嬉しいのは コムテックは取締りデータ更新が無料になってます。 近年は老舗ユピテルを上回り、レーダー探知機で人気ランキング上位を占めることが増えました。Amazonでは1~5位をコムテックが占めています。




 ■ 2018年の新機能

コムテック レーダー探知機 ZERO 705V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応/ゾーン30対応 ユーザー投稿システム搭載 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携 ZERO 705V

 2018年モデルは昨年同様に製品数が絞られました。人気モデルの後継が中心で選びやすくなっています。

 レーダーの進化は進み今ではOBDⅡやタッチパネルは、ほぼ全ての機種が搭載。当たり前になってきています。

● 800系と700系の進化点

・静電型タッチパネル搭載機が登場。スマホと同様のスムースな操作ができるようになった。

・ガリレオ衛星対応。

・オプションの無線LANカードに対応。スロットがSDカードサイズになりました。

・2017年後半モデルから小型オービス対応が増加。可搬式の区別にも対応する、

・ユーザー投稿機能 ;取り締まり情報を共有する機能が登場。

コムテック レーダー探知機 ZERO 805V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応 ゾーン30対応 ユーザー投稿システム搭載 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携 ZERO805V

・OBD表示項目の増加;2017年後半発売モデルからOBD表示が一気に205項目に増加。ハイブリッド車と4WD情報に対応しています。専用の新型OBDアダプタが必要。




■  その他、従来機から受け継がれている機能。



 性能面では以前は9系が抜きんでてましたが、現在は8と9系の差は減ってきました。

・表示の充実

速度警戒ポイント警報搭載。取締りを行う可能性の高い、最高速度が切り替わる地点を「速度警戒ポイント」として警報を行う。

3Dマップ警報表示。新しく追加された100mごとに更新される3Dマップ警報表示で自車とオービスとの位置関係がさらに分かりやすくなりました。

・ドライブレコーダー対応

 上位機はAV入力搭載機があり、ドラレコの映像をレーダー探知機側の大きな画面で見られる。

・移動式小型オービス対応

 気になる新型レーダーへの対応は、生活道路などへも設置を可能にした「小型オービス」の警報に対応。地図と実写で警告を行います。

・3年間の保証

 なんと! 上位モデルは保証が3年間。レーダーは車内の過酷な状況で使われるので保証が長いのは嬉しい。



■ 目次と、見出し - ジャンルについて

 レーダー機をジャンル毎に分類しています。
主に形状と機能で分けました。

 記事上から

タッチパネル型
レーダー、画面部分離型
リモコン型
本体操作型
ミラー型
スマートフォン用
薄型平面モデル

■ 周辺機器 ~ OBDケーブルや取り付け用品 

(項目をクリックすると、該当部へジャンプします)



■ コムテック レーダー探知機 特長と購入用リンク


【定番セット】コムテック ZERO 704VR レーダー探知機 ZERO 704V + OBD2接続アダプター OBD2-R3セット 完全無料データ更新 移動式小型オービス&ゾーン30対応 ZERO 704VR

 商品と特長を紹介しています。
前半はレーダー探知機本体。後半は周辺機器集です。
項目内は 上から上位機種、サイズの大きい機種に並べています

● 購入用リンクの使い方 

商品写真と横の商品名リンクは基本としてamazonへのリンク。
なお他のネット通販販売品を見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示しま


■ タッチパネル型 8、7シリーズ


コムテック レーダー探知機 ZERO 805V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応 ゾーン30対応 ユーザー投稿システム搭載 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携 ZERO805V

 画面を触って操作できるタッチパネル型。現在主流のタイプ。
地図や情報を見て確認出来るのが強み。

 あと車の情報が見れるOBD対応機があります。




■ 8シリーズ 

 コムテックの人気機種で上位シリーズです。
画面サイズが同社内で最大の4インチ。


・ZERO805V
2018年3月発売

コムテック レーダー探知機 ZERO 805V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応 ゾーン30対応 ユーザー投稿システム搭載 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携 ZERO805V
コムテック レーダー探知機 ZERO 805V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応 ゾーン30対応 ユーザー投稿システム搭載 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携 ZERO805V

8シリーズの最新型。大きく変更されました。
スリム化と性能アップが主体です。

803との違いは小さくなりました。左右のボタンが省略た。
そして初の静電タッチパネル搭載でスマホのような操作感になりました。性能面はガリレオ衛星対応。ユーザー投稿システム対応。 省かれたのはLEDライト、モーションセンサー。

新型のOBDアダプタに対応。項目数が増加しハイブリット車、4WD車での項目も増えました。
操作画面も変更され、待機画面が10パターンに増加。
性能は小型オービス対応、GPSと取り締まりデータが増加しGPSデータ(165,000件以上)取締・検問データ(60,000件以上)。表示パターンが7から10へ増加

今まではサイズが。やや大きめだったので、コンパクト化されてうれしい人も多いでしょう。
反面、ボタン類がタッチ主体になるので操作が多い人は旧型が良いかも。







・ ZERO 803V
2017年2月発売

コムテック レーダー探知機 ZERO 803V 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携
コムテック レーダー探知機 ZERO 803V 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携

 大きな画面を持ち、レーダー探知機のランキングでも人気が高い”8”シリーズ。
9系の新型がおとなしめなので、画面サイズが大きい8系が人気があります。

画面は4インチ。小さめのスマートフォンくらいの大きさがあります。

 新型は若干機能が追加され、操作画面が変更されました。
特長は速度警戒ポイント警報搭載。3Dマップ警報表示。便利機能はオプションの無線LANカードに対応してスロットがSDカードサイズになりました。

 受け継がれる機能は、ドライブレコーダーと相互通信対応。ドラレコのカメラと連動し、位置を教えてくれます。

4種類の操作が可能。(リモコン・タッチパネル・タッチスイッチ・モーションセンサー)が可能。

 別売OBD 接続対応(最大143項目表示) ~昨年モデルより5項目増加 
・受信バンド数:18バンド・データ更新:GPS、実写データ、地図データ、公開取締情報
・ドライブレコーダー接続対応

 モーションコントロールや、カメラ入力など実際に使う場合に便利な機能が多く、高性能なモデルです。3年間保証付きなのも嬉しいところ。


● 通販各社検索リンク







■ 7シリーズ

コムテック レーダー探知機 ZERO 705V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応/ゾーン30対応 ユーザー投稿システム搭載 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携 ZERO 705V

 画面は3.2インチ。コンパクトで価格もお手頃、人気が有ります。




・ ZERO705V


コムテック レーダー探知機 ZERO 705V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応/ゾーン30対応 ユーザー投稿システム搭載 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携 ZERO 705V
コムテック レーダー探知機 ZERO 705V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応/ゾーン30対応 ユーザー投稿システム搭載 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携 ZERO 705V

700番台の新型。
704Vとの違いは性能面はガリレオ衛星対応。ユーザー投稿システム対応。 

 マイナーチェンジで変更点は少ない。

継続されるのはLEDフラッシュ機能。新型のOBDアダプタに対応。待機画面が10パターンに増加。OBD205項目対応。GPSデータ(165,000件以上)取締・検問データ(60,000件以上)。Wifiカード対応。






・ZERO704V
2017年7月発売

コムテック レーダー探知機 ZERO 704V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携 ZERO 704V
コムテック レーダー探知機 ZERO 704V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携 ZERO 704V

 人気の700番台。現在もAmazonのレーター探知機部門で2位。
800系より先行しており、表示項目の増加など機能が上回る部分が有る。

703Vとの違いは、外観は面積が少し小さくなり奥行きが増した。あとボタンに線が付くデザインになりました。操作画面も変更されて待機画面が10パターンに増加。

性能は小型オービス対応、GPSと取り締まりデータが増加しGPSデータ(165,000件以上)取締・検問データ(60,000件以上)。表示パターンが7から10へ増加、OBDが143から205項目へ。あとは項目のオンオフ機能が少し追加されてます。

 703Vから受け継がれる機能は、
CPUが新しくなり従来の250%向上。3種類の操作が可能。(リモコン・タッチパネル・タッチスイッチ)が可能。別売OBD接続対応。
・受信バンド数:18バンド・データ更新:GPS、実写データ、地図データ、公開取締情報
・ドライブレコーダー接続対応

3年保証








・ZDR-703

ZERO 703VとドラレコZDR-031のセット。







■ 9シリーズ

 コムテック最上位となる”9”シリーズ。同社の新しい機能が搭載されます。

画面の大きさは3.2インチ。レーダーとしては普通の大きさ。
操作は3種類が可能。リモコン、画面横のタッチスイッチとスマホ操作が可能。



・レーダー探知機 ZERO 903VS
2017年3月発売

コムテック レーダー探知機 ZERO 903VS 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 フルマップ OBD2接続 GPS メーター機能
コムテック レーダー探知機 ZERO 903VS 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 フルマップ OBD2接続 GPS メーター機能

 2012年の94VS以来の、系新型。
連携機能が強く、取締共有システム搭載、スマホ操作対応。。

 新型の特長は、デザインが大きく変わりスマートフォンのような外観。
右側面にボタン+レバーが有ってリモコン無しでの操作が簡単。タッチパネルは非対応。ドライブレコーダー相互通信対応。

 OBD2接続対応、項目が最大135から143項目に増加。

● 継続機能

コムテック レーダー探知機 ZERO 903VS 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 フルマップ OBD2接続 GPS メーター機能

・取締共有システム搭載
 コムテックのレーダーを使っている人同士で情報を共有します。

・フルマップ対応
 現在位置を地図で表示

・無線LAN自動更新 、
・アイドリングストップ車対応、ハイブリッド専用表示 

 3.2インチワイドMVA液晶  Gセンサー/ジャイロセンサー/照度センサー搭載
グロナス&みちびき受信対応




> 903VS +OBDケーブルセット





■ 画面、レーダー部 分離型 (セパレート)


[未発売]


■ リモコン操作のみのモデル


 リモコンが付属しているモデル。



・コムテック レーダー探知機 3.2インチ液晶・Gセンサー搭載 (リモコン付) ZERO602V
2016年

コムテック レーダー探知機 3.2インチ液晶・Gセンサー搭載 (リモコン付) ZERO602V
コムテック レーダー探知機 3.2インチ液晶・Gセンサー搭載 (リモコン付) ZERO602V

 人気のあるモデルで、Amazonで現在でもランキング5位。
黒く、シンプルなデザインが精悍な600番台モデル。 

 特長は上位モデルからタッチ機能やカメラ機能を省き価格を抑えています。
OBDにも対応しており、一万円と少しで買える高機能レーダー探知機です。

 600からの性能面での変更は無いようですが、収録データが増加して
GPSが122000件、取締り検問が4000件になっています。








■ 本体操作型


コムテック レーダー探知機 ZERO 304V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能 2.4インチ液晶 超小型モデル ZERO 304V

 本体のみで操作が可能な機種



・ ZERO 304V
2017年8月発売

コムテック レーダー探知機 ZERO 304V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能 2.4インチ液晶 超小型モデル ZERO 304V
コムテック レーダー探知機 ZERO 304V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能 2.4インチ液晶 超小型モデル ZERO 304V

 3系の最新型。
302Vとの違いは、画面が2.4インチに小さくなりました。
性能はほぼ上位機と同じで、ドラレコ通信や画面表示が減少するくらい。低価格でコンパクトなモデルが欲しい方にお勧め。








・ZERO 200V

コムテック(COMTEC)超高感度GPSレーダー探知機 ZERO 33V ZERO 33V
コムテック 超高感度GPSレーダー探知機 ZERO 200V


 2.2インチ画面を持つ小さめのレーダー。
型番が3桁に戻りました。5~6年前のモデルで220や330など数字が大きい機種がありますが、この200Vの方が新型になります。

 200Vの特長は、小型なのと操作の絞り込み。LEDと平面スイッチでの操作が可能。
LEDはブルー/ホワイト/OFFから設定可能。OBD2も対応、3パターン、57項目表示可能。

 機能は、昨年の中~上位モデル並の機能を持ち ミラーの横に置ける小さいサイズ。お手頃価格も魅力です。小型で特殊な機能がいらない方に向いています。

液晶サイズ:2.2インチTFT液晶 Gセンサー搭載・受信バンド数:18バンド・データ更新:GPS、公開取締情報、その他データ
保証;1年間

● 新機能

・外部入力機能搭載
・移動式小型オービス対応 ・ループコイル式オービス対応
・アイドリングストップ車対応、トヨタハイブリッド車専用表示
・新交通規制【ゾーン30】通知、
・グロナス&みちびき受信+ひまわり、GAGANにも対応

・GPSクイック測位
・Wオービス
・踏切警報、
・時報機能、お知らせ機能(あいさつ、GPSアナウンスなど)







■ ミラー型


コムテック 4.0インチ液晶搭載 モーションセンサー搭載 ドラレコ相互通信対応 高感度GPSミラーレーダー探知機ZERO802M

 場所を余り取らないので、根強い人気が有るミラー型。



・ZERO802M 
2016/3/14

コムテック 4.0インチ液晶搭載 モーションセンサー搭載 ドラレコ相互通信対応 高感度GPSミラーレーダー探知機ZERO802M

コムテック 4.0インチ液晶搭載 モーションセンサー搭載 ドラレコ相互通信対応 高感度GPSミラーレーダー探知機ZERO802M

 ミラー型の最上位機種。
 
  大きく進化しました。
まずCPUが新しくなり従来の250%向上。

 ドライブレコーダーとの相互通信も対応しました。ドラレコのカメラと連動し位置を教えてくれます。

 受け継がれる機能は、4種類の操作が可能。(リモコン・タッチパネル・タッチスイッチ・モーションセンサー)が可能。

別売OBD 接続対応(最大143項目表示) ~2015年モデルより5項目増加 
・受信バンド数:18バンド・データ更新:GPS、実写データ、地図データ、公開取締情報
・ドライブレコーダー接続対応

3年間保証付き。






・ZERO502M
2016/10/12


コムテック 高感度GPS搭載 ミラータイプレーダー探知機 ZERO502M

 ミラー型の基本モデル。

 600からの性能面での変更は無いようですが、収録データが大きく増加。
GPSが16万件、取締り検問が41000件になっています。

 維持される特長は、
画面を消すと、全面ミラー。 上下方向を変えて液晶位置を変えることも出来ます。

 グロナス&みちびき受信、ひまわり、GAGAN対応 Gセンサー搭載、トリプルエンジン搭載
4段階GPS警告表示/警告ボイス。ハーフミラー型。

・移動式小型オービス対応 ・ループコイル式オービス対応
・アイドリングストップ車対応、トヨタハイブリッド表示対応
・新交通規制【ゾーン30】通知、
・グロナス&みちびき受信+ひまわり、GAGANにも対応、クイック測位

・GPSクイック測位
・Wオービス
・踏切警報、
・時報機能、お知らせ機能(あいさつ、GPSアナウンスなど)





■ スマートフォン用


 スマートフォンと組み合わせて使うレーダー探知機。

[未発売]



■ 薄型平面モデル


コムテック レーダー探知機 薄型タイプ Gセンサー搭載【OBD2対応】ZERO 100L

根強い人気が有ります。
 シンプルで画面を持たず置き場所が小さくて済む、画面が邪魔にならない。



・コムテック レーダー探知機 薄型タイプ Gセンサー搭載【OBD2対応】ZERO 100L

コムテック レーダー探知機 薄型タイプ Gセンサー搭載【OBD2対応】ZERO 100L
コムテック レーダー探知機 薄型タイプ Gセンサー搭載【OBD2対応】ZERO 100L

 コンパクトGPSレーダー。 
Amazonのレーター探知機部門で3位とにんきがある。

 強みはソーラーや内蔵電池が無いので、製品寿命が長い。 通知は、音声とランプのみで運転の邪魔をしません。必要な機能を、小型の本体に収めた通好みのモデルです。




>セットモデル

 OBDやGセンサーに対応し、トンネル内などで位置精度を上げられます。





■ レーダー機器用 アクセサリ

 
 コムテックのレーダーを使う時に便利な周辺機器。



■ OBDⅡ

 車両情報を表示出来るようになる接続ケーブル。
レーダーとの同時購入がオススメ。 電源もOBD端子から取れるため配線が楽です。



・OBD2-R3
2017年10月

コムテック OBD2接続アダプター OBD2-R3 レーダー探知機用オプション メーター機能 電源供給 OBD2-R3

 最新型のアダプタ。
2017年後半から登場した機種で追加項目の表示が可能。(OBD表示205項目)
旧型のR2と比べると表示項目が増加。またハイブリッド車での電気系、4WDでの情報表示が可能になりました。






オプション OBD2-R2 OBDⅡアダプター(長さ約4m)

 旧モデル。

コムテック レーダー探知機オプション OBD2接続アダプター OBD2-R2


● OBD2-R1とOBD2-R2の違い

・ OBD2-R1 に比べ、OBD2-R2 は対応車両が増加。
・ OBD2-R2 は、OBD Ⅱコネクター分岐ハーネス(OBD2-OP1)を使用する事で、弊社製OBD Ⅱ接続対応製品と併用可能





■ ドライブレコーダー

 
 コムテックのドラレコは日本製なのが嬉しいところです。
上位機種のレーダー探知機との接続も可能。

 レーダー探知機連携可能機を紹介。



・コムテック ドライブレコーダー HDR-751G

コムテック ドライブレコーダー HDR-751G 200万画素 Full HD 日本製&3年保証 常時録画 衝撃録画 GPS レーダー探知機連携 補償サービス2万円 HDR-751G
コムテック ドライブレコーダー HDR-751G 200万画素 Full HD 日本製&3年保証 常時録画 衝撃録画 GPS レーダー探知機連携 補償サービス2万円 HDR-751G

 小型タイプでGPS搭載、価格が下がりお手頃なのが強み。 登場したばかりだが人気は高く価格コム6位。

 特長は傾斜形状をしており窓に沿う形。面積が小さくなってます。
ミラーの裏に隠れるような小ささでモニター画面は2.3インチ。画質は200万画素で最大フルHD。HDR/WDR対応。ノイズ対策済み。Gセンサー搭載、SDカードエラー機能有り。

 丁寧な作りで安心して使える製品 日本製で3年保証。







● HDR-3シリーズ

 コムテックドラレコの上位シリーズ。
高機能、高性能が特長。



・HDR-352GHP
 
 最上位機。
フルHD,GPS搭載機。2.7インチ液晶、HDR搭載。

352GHとの違いは、駐車監視機能が標準で付きます。







・HDR-352GH

352GHとの違いは、駐車監視機能がオプションになります。






・HDR-351H

 上の352からGPSを省いたモデル。







■ AVケーブル

・ZR-11 ドライブレコーダー接続ケーブル
703V、803V,903VS対応

ドライブレコーダーへの電源供給と、レーダー本体へ映像/音声入力を1本で行えて配線が簡単になります。






・ZR-12 ドライブレコーダー接続ケーブル(長さ約4m)
703V、803V,903VS対応






・ZR-13 ドライブレコーダー相互通信ケーブル(長さ約4m)
703V、803V,903VS対応

 




・ZR-14 ドライブレコーダー相互通信ケーブル(長さ約4m)
803、805V対応

新型。






■ 電源コード

・ コムテック(COMTEC)レーダーオプション OBDII対応レーダー探知機用直接配線コード ZR-02 (2012/10/19)
703V、803V,903VS対応

OBD2対応レーダー探知機用の直接配線コード(4m) 。 ~直接車両の配線から電源を接続できます。電源コードが隠せてスッキリする。





■ 取り付け用品


・SANWA SUPPLY 透明両面粘着ゴム(中) QL-75CL
サンワサプライ

 吸着力のあるゴム。
レーダー探知機を(両面テープを使わずに)簡単に取り付けしたい時に





・Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

 カーナビ部門で一番人気。ダッシュの曲面部分に載せるだけの取り付け台座。








 ■ 記憶媒体

 レーダー探知機に使われるのがマイクロSDカード。

 使い方のコツとしては、カードは電池に似ており寿命があります。調子が悪くなった場合や、3~5年で買い替えるのをお勧めします。
容量いっぱいまで使うと、劣化が進むのでなるべく容量を絞って使うのがコツです。

 SDカードは、けっこう当たり外れがあるのでバルクや並行輸入はお勧めしません。
壊れたりデータを紛失すると結局高く付きます。一流メーカーの品や保証がある正規製品をお勧めします。



■ SDカード

 デジカメなどで使われる大きめのサイズ。



・コムテック レーダー探知機 ZERO 803V専用 無線LAN内蔵SDHCカード WSD16G-803V

 無線LAN機能が使用できるようになります。
サイズは16Gと8G。



>8G[生産終了]







■ マイクロSDHC

 最近主流のサイズ。 カードアダプタでSDサイズにもできます。



・Transcend microSDHCカード 32GB UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s) 無期限保証 Newニンテンドー3DS 動作確認済 TS32GUSDHC10U1

 半導体に強い台湾トランセンド社製。 正規品で永久保証も魅力です
容量はSDHCで最大となる32GB。速度は600倍速。読み出しは90MB/sとかなり高速です。

 ロングセラー商品ですね。私も今まで4枚くらい買ってます。
高速なため、音楽や動画用途にお勧め。過酷なドラレコだと、私の経験では3年くらいが寿命。





・Samsung microSDHCカード 32GB EVO Plus Class10 UHS-I対応 (最大読出速度95MB/s:最大書込速度20MB/s) Nintendo Switch 動作確認済 MB-MC32GA/ECO

 昨年くらいから人気が出てきたサムスン製のカード。 2017年版も登場しました。
価格が少し安め。最大読み出し速度95MB/s、最大書き込み速度20MB/s




● SDカードと用品はこちらの記事でも紹介しています

 最近人気が有る高耐久カードも紹介。

2017~2018年版 車載機器にお勧めのSDカード。ドライブレコーダーやカーナビ用☆使用感想も紹介


■ まとめ

 最近はコムテックの人気が上昇しており
レーダー探知機とドラレコで上位を占めるようになってきました。



■ 更新情報


2018年4月9日 KRB文字化け修正。取り付け用品を削除。商品名を型番にした。
2018年4月7日 2018年版 作成

■ 参考

・コムテック http://www.e-comtec.co.jp/radar/

>[PDF] OBDⅡアダプター 車種別適合表 - Comtec www.e-comtec.co.jp/taiou/set/obd.pdf


■ 関連記事

取り付け方法や用品も紹介してます。(o^―^o)

レーダー探知機の取り付け ~初めてでもできる! 電源取り出しや設置。綺麗に、電源コードやOBDⅡコードを隠す [手順と用品+購入ガイド]

2014年版 車載機器用に おすすめのSDカードや、便利な周辺機器特集 / 車載AV機器、カーナビ、ドライブレコーダーなど向け

この記事へのコメント