0コメント

エーモン工業の名前の由来。 

Amón
Amón / pegatina1


今回はエーモン工業の名前の由来。

エーモンはカー用品大手。車いじりをする人なら一度はお世話になるでしょう。
お手頃価格で買いやすく、細かな製品があるのが嬉しい。

 さて社名の由来は、「これはええもんやで~」と関西弁の”えーもん(良いもの)”に掛けてるのは誰でも気づくところですが、詳しく見ると社名の英語スペルはAMONであり、EIMONではない。 また関西弁との関連はエーモンのサイトにも記載されておらず確証がありませんでした。


■ 由来は 関西弁だが・・太陽神の意味もある!

 長く疑問でしたが、答えが有りました。
車のSNS「みんから」でエーモン関連のアカウントで社名に触れられる日記が有りました。

2007年05月17日  「エーモン」って!
https://minkara.carview.co.jp/userid/193175/blog/4934194/

AMONと書いて…エーモン!
で、どんな意味があるのか?


実はギリシャ神話の太陽神アモン・ラーから引用し、マークには太陽に向かって羽ばたく鳥が描かれています。

しかし、実態は皆さんのご想像通り、関西弁でえーもん作ろうからきています。
25年前に、エーモン工業と社名変更しましたが、それまでは株式会社ヒロハタでした。
今の方がいいですよネ。

エーモン工業はこれからもえーもん作っていきますので、ご期待ください。




なるほど!。 エジプト太陽神の名前と関西弁を掛けている、洒落ていながらもカッコいいネーミングでした。
由来が分かってスッキリしました。

太陽神と聞くと、なんかカッコいいですねえ。😃



■ 関連、参考ページ

・エーモン https://www.amon.co.jp/

・Wiki https://ja.wikipedia.org/wiki/アメン

この記事へのコメント