DIY,アウトドアに便利な機器。新富士バーナーのガストーチを使った感想。

 B005MH64D8

 今日は、日常やDIY,アウトドアに便利な機器。『ガスバーナー』を紹介。

 私も人気の製品新富士バーナー製のパワートーチを使っています。使い勝手。購入用リンクや周辺機器も紹介しますね。


■  ガスバーナー(ガストーチ)について

 B07JWNXR3B

 今回紹介するのは小型ボンベを使ったバーナー。用途は高温を必要とする作業や加工が可能となり作業やホビー、レジャーや料理に使える。

 強みは持ち運びしやすく、使用も簡単。

 B006LTD506

 ● 新富士バーナーと「RZ-730」とは

 

 今回使うのは新富士バーナーの製品「RZ-730」。人気の品でAmazonの部門別で良く一位になっている。

 同社のバーナーでは中級機で、価格と昨日のバランスが良く扱いやすい製品。



■ 入手のいきさつ

 BBQ
BBQ / jetalone


 「ガスバーナー」が欲しい、と思ったのは最初はキャンプのバーべーキューの火おこしに使いたいと思ったのがきっかけ。そしてDIYにも使えそうなのも購入を後押しした。

 そこで通販で人気の品を観ていて、上位をほぼ独占している富士バーナーの製品「RZ-730」が目に留まった。評価も良く価格もお手頃。通販で購入した。



 
■ 本体解説


 B005MH64D8

 外観や使用感について解説。

 RZ-730は新富士バーナーでは中級機に相当。
カセット式ガストーチでは第3世代となり、フルタイムの逆さ使用が可能となった。

 B005MH64D8 

 ● 梱包

 商品はプラスチックで梱包されている。台紙は商品の案内と説明書も兼ねている。




■ 外観

 B006LTD506
 
 今回購入したのは本体とボンベ付属タイプ。外観は価格から考えると普通。 ノズル部分は金属。本体とボンベ接合部は艶消しの樹脂。あまりデザインに気を使って無い、あっさりした外観ですね。火口径は22㎜。




■ 操作感や使い勝手

 各部の特長を解説する。そして実際にDIYやアウトドアに使用した感想を使用する。

 ・ 適応:ボンベは純正のみに対応する。純正ガスボンベRZ760で1.5時間の師匠が可能。なお自己責任となるが社外品の携帯ガスコンロ用ボンベも使える。 
 
 ・ 本体とガスボンベの接続:本体とボンベの接続は、本体の絶族部をガスボンベのノズル部にはめ込んだ後に、接続部にある黒い樹脂のリングを回転させるだけで簡単。注意点ははめる際に固定用リングの位置が緩んでないとボンベに接続できないので注意。

 ・ 着火は簡単

 B006LTD506

 着火はガス用ダイアルを開いた後に、後端にある赤いボタンを押すだけ。電子式で着火する。消火はダイアルを締めるだけ。
 
 燃焼時間は純正で約1.5時間。炎温度は最高1,300℃ 最低900℃と一般の私たちが使うには十分なパワー。


 ・ ガス量と空気調整:ガス量調整はダイアルを回すだけで分かりやすく、そして艶いやすい。空気量は温度の高い青い炎と温度が低めとなる赤い炎と調整可能。ただしちょっとこなれていない。本体側面のレバーで空気量を調整するが稼働幅が少なくて変化が極端だ。


・ 使い心地、固定感: 最初はガス調整や着火に両手が必要で、取り扱いが難しそうに感じたが、実際に使うと着火やガス操作が確実であり、そして手袋を付けていてもやりやすいと気付いた。

 全体の大きさは手ごろで扱いやすい。取り回しの注意点はバーナー部が金属で長いので火傷に注意する必要がある。


・ 汚れ、洗いやすさ: 本体が梨地で汚れやすい。





 ■ 用途別の使用感

 
・ 焼き板づくり。杉板の焼き

 DIYで良く行われる作業。木の板を手軽に防腐、防虫加工できて見た目も良い。 私は屋外で使う柵や杭、小さな園芸用いすを焼いた。

バーナーでの処理は火力が強いため作業は楽。ただし炎の範囲が狭いため、大量の作業や大きな板を焼くのには不向き。


・ バーベキュー ~ 炭火の着火

 B07JWNXR3B

 バーベキューで大変なのが火おこし。バーナーだと炭を数分あぶれば着火できる。

 ライターやマッチでの火おこしよりは断然楽だし確実だ。ただし炭を直接着火するのはバーナーでも時間と手間が掛かるので、添加剤との併用が楽だった。




■ 純正ガスボンベと社外ボンベの違い

 B0016V63BC

 初めて使う人が悩む部分です。違いを紹介する。

 ● 純正ボンベ

 B0016V63BC

 純正と社外品の違いは成分が違う。純正はLPガスが入っている。純正の強みは以下の通り。

 ・火力が強い、勢いが有る。
 ・着火しやすい。冬季でも使いやすい。
 ・炎が安定している。

 = 高温や火力が必要な加工作業やDIYには純正が向いている。集中炎が強力で作業がはかどる。

 B0016V63BC


 ● 社外品のボンベ

 B07JWNXR3B

 ガスコンロなどで使われるカセット式ボンベも使えるが自己責任になります。~ メーカーは純正ボンベの使用を必須としているため。

B07JWNXR3B

 カセットガスは使い方次第では便利。例えば家庭での料理用途には市販のガスボンベのほうが火力が低い(赤い炎が出やすい)ので扱いやすいでしょう。純正ボンベは火力が強すぎる。

B07JWNXR3B




■ ガスバーナー RZ730の長短所

● 良いところ

・価格お手頃
・着脱が簡単

● 弱点

・ やや高い
・ 空気量が調整しにくい
・ 冬場は炎が不安定。
・ 電子機着火なのでおそらく点火回数による寿命が有る。


■ Tips 

 着火や燃焼状態が外気温で左右されやすいので、冬場はボンベを屋内に置いておくとよい。




● まとめ

bbq
bbq / stu_spivack


 商品自体はやや高くも感じるが、日本製であり応援の意味も込めて購入した。 耐久性は購入してから5年経っても使えています。誤って地面に落としたこともあるがちゃんと使えています。さすが国産。

  DIYやキャンプ、工作用に便利な用品です。一つあれば多くの用途に長く活躍できるでしょう。


■ 購入用リンク


 RZ-730は商品バリエーションは2種。本体のみ、本体とボンベ1本セットがある。
 
 商品価格は通販だと2千~3千円くらい。Amazonだと変動があり1900~2500円くらいを繰り返す。大体数日から一週間くらいで値下がりするので急がないのなら待ってみると良いでしょう。


● 購入用リンクの使い方 

 商品写真と横の商品名リンクは楽天へのリンクです。
なお色違いや他の通販サイト、ショップ販売品を見たい場合は、○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。




■ RZ-730 本体とボンベ一本付き。


・AMAZON


 > 通販サイトリンク 




 > 本体のみ RZ-730S






■ 兄弟機種

・ 新富士バーナー トリガー式パワートーチ RZ-840

B004WAE5KA

 最上位機。大きな特徴はトリガー式の電子着火。機能は空気量調整と連続使用ボタン、誤操作防止ロック付き。

 ねじ込み式の専用ガスボンベを使用し、火力と寒冷地での使用に優れる。

 





■ 周辺機器


 B07FKFX1DK

便利な用品。 

・新富士バーナー パワートーチ RZ-730(本体+専用ボンベ1本)+専用ボンベ3本パック+専用スタビライザー(安定台) セット
 便利なセット品。






・新富士 パワーガス RZ-760

 純正ガス。プロパン入りでパワーが強い。

内容量:240g
成分:液化ブタン、液化プロパン
適合トーチ:新富士バーナー RZ-700・RZ-710・RZ-710S・RZ-720E・RZ-720・RZ-720ES ・RZ-730・RZ-730S
外形寸法:直径68mm×高さ199mm
重量:340g




 > RZ-7601 RZ-760×3Pパック

 お得な3本セット。




● 安定台

・スタビライザー マグネット RZ-406

B081521F5QB081521F5Q

 磁石を使用した台。ガストーチの転倒を防ぐ。





・カセットガス専用スタビライザー RZ-404

 純正ボンベRZ-760に対応する。



 > 安定台とボンベのセット

 


■  新富士バーナーとは

新富士バーナーは1978年に設立。所在地は愛知。初期は工業用バーナーが主だったが、1990年に100円ライターを燃料とするポケトーチを販売してヒットする。後にアウトドア用品の割合が増加。1992年にアウトドア市場にブランド「SOTO」で参入。現在はアウトドアや園芸、DIY用のバーナーの製造販売もする。


■ 関連記事

■ 更新情報

 2020年2月15日 作成

■ 関連URL、参考サイト

 新富士バーナー > パワートーチ http://www.shinfuji.co.jp/sfb/product-cate/sfb_torch/