ネジ外し工具集+使った感想 ~なめたネジやさび付いたボルトを外す、用品、工具集。


エンジニア ネジザウルスGT PZ-58

こんにちは。

車やDIY、家電のメンテナスなどで、困ることと言えばボルトやネジ頭が潰れること。

 せっかくのメンテナスや作業も滞ってしまいますし、
なるべく、早く簡単に処理したいですね。
 
今回は、ネジをゆるめる道具や用品。おすすめや人気の品、便利な用品を紹介します


■ ねじ頭やボルトのつぶれについて -  


エンジニア ネジザウルスGT PZ-58

 車やバイク好き、DIYをしていて
ネジやボルトを外すのに手こずった経験は誰でもあるのではないでしょうか?

 潰れたネジも一旦外れれば、ネジやボルトを交換すればいいのですが、
そもそも、ネジ自体を外す作業が必要。

 確実に外せる道具を揃えておきたい物です。
今回、私も使ってる商品や人気製品を紹介しますね。




● 主流、流行、種類について

エンジニア ネジザウルスバズーカー ネジ外し専用工具 緑 DBZ-60G

 ネジを外す道具は、種類が多くあります。

主に、ねじ山を修復する、摩擦係数を上げるもの、ムリヤリはずす工具が主体。


アネックス(ANEX) なめたネジはずしビット3本組 カラー塗装仕様 ステンレスネジ対応 ANH23


 


■ 使いやすい商品の見分け方、おすすめポイント。



 工具は、安物を使うと精度が低く、機器を傷めてしまうのと同じで、
ネジを外すのも、用途の見極めと、使い方が大事。

 今回は、有名メーカー製、なるべく扱いやすいものを紹介します。



■ 目次と見出し 

工具のジャンルです。
形状や、使用方法で、分けました。

基本として、上が軽度のネジ外し、後に行くほど重度のケースに使用する工具になってます。
ジャンル内は、人気ある製品や、おすすめ商品から順に紹介しています。

■ 工具解説

 液体型
 スプレー
 工具

 ■ 周辺用品


(項目をクリックすると、項目へジャンプします)




■ 特長 購入用リンク 


1stモール 【 なめたネジも簡単 】 ねじ外しドライバービット プラス マイナス (4本セット) 専用収納ケース付き ST-DZ-1500


 ネジやボルトを外す、工具の特長と購入用リンクを紹介します。


● 購入用リンクの使い方 

商品写真と、横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。
なお、他の通販サイトを見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。

■ 液体型 


 ネジを外しやすくする、用品




・アネックス(ANEX) ネジすべり止め液 No.40
兼古製作所(ANEX)

アネックス(ANEX) ネジすべり止め液 No.40

 私も購入しました。

パソコン小物、工具などを扱っているANEX製。
黒い粘性の高い液体に、粒子が入っています。

グリスやボンドのような液体に、アルミの金属粉が入ってる感じ。

 軽度のねじ潰れに使用します。
ねじ山と工具の隙間を埋め、粒子で摩擦力を上げます、

使ってみたところ、ひっかかりの悪いネジを回す程度ならば使用できました。
ただ、完全にねじ山が潰れた物には無理でした。

アネックス(ANEX) ネジすべり止め液 No.40

 ねじのミゾが軽く潰れている、ややなめかけたボルト、
錆びているネジなど 外す際にちょっと不安な場合に使うのに向いてます。
また、プライヤーなど他のネジをはずす工具との組み合わせにも活躍、

応用として、ゆるんできている可動部分に使うことも可能。

容量は、10gと40gがありますが
そんなに使うモノでは無いし、10gで充分です。

>0g






・ボンド ネジやま救助隊 ネジはずし 15g #75004
コニシ

 溶剤に、ケイ素系鉱物が入っています。
クリームに、粉が入ってる感じ。




■ スプレー型 


 ネジ外しでまず、試したいのが
潤滑剤を吹き付けること。

 対象部に、吹き付けて、数十分~数日おいておけば、緩み外しやすくなる場合が有ります。 

・KURE [ 呉工業 ] シリコンスプレ- (420ml) 潤滑・離系剤 [ 品番 ] 1046 [HTRC2.1]
KURE(呉工業)

KURE [ 呉工業 ] シリコンスプレ- (420ml) 潤滑・離系剤 [ 品番 ] 1046 [HTRC2.1]
KURE [ 呉工業 ] シリコンスプレ- (420ml) 潤滑・離系剤 [ 品番 ] 1046 [HTRC2.1]

 シリコンスプレー。
樹脂部にも使え、臭いも少ない。

 気楽に使える潤滑剤です。

 弱点としては、粘度が低いので、効果がグリスほど長期間は持ちません。
ただ、全体としては、万能に近く、使いやすい。
対象物の素材を選ばず、効果も高いので持っておきたい用品です。





・KURE [ 呉工業 ] 5-56 (320ml) 多用途・多機能防錆・潤滑剤 [ 品番 ] 1004

 定番556。

金属部の錆落とし、潤滑に使えます。

弱点としては、揮発性が高く、効果が長持ちしない、対象物の油分を落とす、樹脂部には溶解性があるので使わない方が良いです。
使い方さえ選べば、便利な用品です。






・ワコーズ RP-C ラスぺネ 業務用 業務用浸透潤滑剤 A121 350ml A121 [HTRC3]
和光ケミカル (WAKO'S)

 車、バイク用で長く人気が有る製品。

 スプレー式の潤滑剤で、CRCやシリコンスプレーと使い分けするのをお勧め。

 錆や、熱で固着したネジに強みを発揮します。
浸透力が強いのと、効果が長続きするのが強み。






・LOCTITE(ロックタイト) 錆び取りスプレー フリーズ&リリース Freeze&Rlease 1024403
ヘンケルジャパン

LOCTITE(ロックタイト) 錆び取りスプレー フリーズ&リリース Freeze&Rlease 1024403
LOCTITE(ロックタイト) 錆び取りスプレー フリーズ&リリース Freeze&Rlease 1024403

 ネジ用固定材で老舗のロックタイト製。

この製品では、錆取りと、冷却効果でネジの固着をゆるめ、潤滑剤を浸透させます。

 -43度まで冷却。
車やバイクの熱を持つ部分に効果があるようです。




■ 工具類


 メンテナスから、やや重傷のネジに使う工具類。


● ブラシ


・ デイトナ(DAYTONA) メンテナンスブラシ 5本セット 79492
デイトナ (Daytona)

 ブラシセット。
ネジ部の洗浄や錆落としに使えます。

デイトナ(DAYTONA) メンテナンスブラシ 5本セット 79492



● プライヤー


・エンジニア ネジザウルスGT PZ-58
エンジニア(ENGINEER)

エンジニア ネジザウルスGT PZ-58
エンジニア ネジザウルスGT PZ-58

 手軽で効果が有るのが、ペンチで外すこと。
 
 ネジ類の潰れなら、8割くらいはこのペンチを使うことで外せると思います。

ネジザウルスは、工具先端部までミゾが有り、また、縦横に入ってます。
ネジに食い込みやすくなってます。

 大体の固着したネジはこれで外せます。
弱点としては、工具の入る隙間がいる事くらい。

種類は、ネジの大きさにあわせて、5種類あります。

・PZ-58 一番人気が有るモデル




● 貫通、ビスプレイカードライバー


後部をハンマーで叩けるドライバーです。

ややなめたネジで使えます。

単なるドライバーとして、普段から使うのにも便利。

・ベッセル(VESSEL) 安全貫通ドライバー No.250 +2×100
VESSEL(ベッセル)

 日本のドライバー製造大手、ベッセル製。

貫通ドライバーですが、
内部の軸は、セラミックボールで絶縁されており、電気工事、製品にも使いやすい。




ベッセル(VESSEL) 安全貫通ドライバー No.250 -6×100
VESSEL(ベッセル)

 こちらはマイナス。






・アネックス(ANEX) ビスブレーカードライバー +2x100 No.3960
兼古製作所(ANEX)

後部をハンマーで叩いて、ねじ山の再生が可能。
食いつきが良く、通常のドライバーとしても使え、人気がある製品です。





● インパクトドライバー


打撃力を回転力に変えるドライバー。
ショックドライバーとも呼ばれます。

 ハンマーで叩いて使います。
現在の電動式インパクトドライバーの源流です。




 ・アネックス(ANEX) ネジとりインパクト No.1903-N
兼古製作所(ANEX)

アネックス(ANEX) ネジとりインパクト No.1903-N
アネックス(ANEX) ネジとりインパクト No.1903-N

 ミゾを切るビットと、インパクトドライバーのセット。

ねじ山を切る、打撃して回転させて外す作業が行えます。

 まず、なめてしまったネジ穴を叩いて溝をつくり、刃先がネジに喰い込み、溝を作り出す。M3~6のなべネジと皿ネジのどちらにも対応。
そして、工具後部をハンマーで叩くと、先端が回転し、ネジを外します。

 弱点としては、対象物の土台が柔らかい素材には、使えません。
大量に、早く痛んだネジをゆるめたり、バイクや車などで扱いやすい工具。

 




・KTC (京都機械工具) インパクトドライバーセット SD6
京都機械工具(KTC)

 プロや、道具にこだわる方に。




● ビット


エンジニア ネジザウルスバズーカー ネジ外し専用工具 緑 DBZ-60G



 



・アネックス(ANEX) なめたネジはずしビット3本組 カラー塗装仕様 ステンレスネジ対応 ANH23
兼古製作所(ANEX)

アネックス(ANEX) なめたネジはずしビット3本組 カラー塗装仕様 ステンレスネジ対応 ANH23
アネックス(ANEX) なめたネジはずしビット3本組 カラー塗装仕様 ステンレスネジ対応 ANH23

 私も買いました。
ネジ外しで、ほぼ、最終兵器と呼べるのがこれ。

 対象とするネジに、穴を開け、次に先がネジ状になったビットを食い込ませ
回転させて外します。

 ドリルとビット部が交換可能な親切使用。
ANH2-3は一番同梱物が多いセットで、ビット、交換ネジ、オイル、スパナ、レンチが付属します、

 プライヤーなどの工具が入らない、狭い場所、奥にある、潰れたネジなどでも回せるのが強み。
また、やわらかい素材でできた家具や、精密機器など、衝撃ドライバーやハンマーが使えない場所でも使用可能。

 ビット式ですので、ビットドライバーや、電動工具と組み合わせて使えます。

これでダメなら、もう、ねじ山を切り直すくらいしか方法はないので、ほんと最終兵器ですね。




● ドリル、タップセット



・【 ボルト抜き 逆タップ 工具 セット タップハンドル ドリル 付き 】 折れた、潰れた ネジ 外し エキストラクター 11 セット
five.c

 折れたボルトにも使えます。

5種類サイズにドリル、タップハンドルが付いた11セット!
ミリネジM3~M18に対応!

 それなりに工具を使える技量がある、上級者向け。








■ 周辺用品、工具集 


 ネジを外す際に、便利な用品を紹介します。

■ 電動ドライバー


 ネジをゆるめたり、ドリルでの穴開けに使えます。

18V マルチツール ベーシック EVO183B1

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツール ベーシック EVO183B1

 私も使ってます。
老舗ブラック&デッカー製で、電動工具入門にもお勧め

 2015年2月に登場した新型。

 ”ベーシック”は基本モデルとなります。

 本体も新型。新デザインでライト付き。バッテリーも1.5Ahに増量。
本体ケース付き。




 *同じ型番で、通常版と、限定版のバック付が存在します。
限定版では、ヘッドがドリルドライバ、サンダー、ジグゾーが付属。現在は販売終了。流通在庫のみになります。



● ドリルドライバー


おすすめ! RELIEF 六角軸下穴ドリルと両頭ビット10本組
ミツトモ製作所

 私も購入しました。
安いのですが、精度が高めなのでお勧め。

 このセットは、ドリル、ドライバー用で人気の製品 
ドリルはチタンコートがされていて、ドリルで鉄・銅・アルミ・樹脂・木材などの穴あけが可能、ドライバーで、木ネジ、タッピングネジの締め付けに使えます。ドライバーは真鍮メッキで錆び対策されてるのが嬉しい。EVO純正より精度が高いので、ネジを舐めにくく、しっかり回せます。
 
 弱点として、ドライバービットは素材が硬く、マイナスが欠けやすい。
ただ価格が安いしビットは消耗品として割り切りましょう。




■ Tips
 
 ネジをゆるめる基本作業は、
大体、液体潤滑スプレーから初めるのがお勧め。

 外れる場合も有りますし、
後のねじ回し作業も抵抗が減り、楽になります。


■ まとめ

 いかがでしたか。

 ねじ頭の潰れは、工具の使い方の失敗や、無理な脱着作業で発生します。
あと、あわない工具や安物の工具は精度が低く、ネジやボルトを痛めてしまいます。

 私も、百均の工具や車載工具などを使ってきましたが、
だんだんと、専門工具に変えていきました。

 なるべく、時間のある時に、使用頻度の高い工具は良い工具に切り換えていくのをお勧めします。


 うまく、工具を使って時間短縮。たのしく作業しましょう\(^O^)/





■ 更新情報

■ 関連記事


DIY,園芸、車いじりに便利な道具 ブラックアンドデッカー マルチツール 「EVO183」特長と購入用リンク+周辺機器集
http://lady-navi.seesaa.net/article/401720609.html





[2016年更新版] DIY,園芸,車いじりに便利な道具 ブラックアンドデッカー マルチツール 「EVO183」特長と購入用リンク+周辺機器集

マルチツール EVO183 BLACK&DECKER

ブラックアンドデッカー(BLACK&DECKER) 18V マルチツール EVO183

  DIYや車いじりに便利な道具、あると嬉しいものと言えば、電動工具。
簡単に、ネジを回したり、ドリルで穴を開けたり、研磨したり。
作業を気楽にできるし、時間節約にもなります。

 今回は、電動工具のセットで人気の「ブラックアンドデッカー マルチツール - EVO183」を紹介。
一つで、ドリルやドライバー、のこぎり。やすりがけや磨きと、DIYや車いじり。色々に使える便利な工具です

使ってみた感想。特長と購入用リンク、便利な周辺用品を紹介します。

publicdomainq-0003996rxd.jpg

■  ブラックアンドデッカー(BLACK&DECKER) 社18V マルチツール EVO183 とは


Astronaut Irwin Saluting Flag
Astronaut Irwin Saluting Flag / San Diego Air & Space Museum Archives


 ブラックアンドデッカー社は、アメリカの電動工具メーカー。
実は、電動ピストル型工具の分野で、元祖の会社です。

 創立は1910年。社名は、S・ダンカン・ブラック(S. Duncan Black)とアロンゾ・G・デッカー(Alonzo G. Decker)さんの名前が由来。

 ブラックアンドデッカー社は世界初や特許が多いのですが、電動工具関係の歴史だけを紹介します。

1916年に、世界初のピストルグリップ型電動ドリルを作り、現在の電動工具の原型を生み出してます。
1961年に世界初のコードレスドリルを開発。~凄いエピソードは、アポロ15号の月着陸で、月面のサンプル採取用に、同社のコードレスドリルが使われています。

2010年に 親会社が電球で有名なスタンレーと合併、スタンレー・ブラック&デッカーとなりました。
2014年に ブランドロゴが一新。BLACK+DECKERに変更。



■ マルチツール EVO183とは 

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツール EVO183

マルチツール 「EVO183」は、電動工具で人気の製品。amazonの電動工具で、人気一位になることもある製品です。 
本体は、電動工具では大きめのクラスである電圧18Vのバッテリーを使い、また容量も大きい。力強くそして持続時間が長いのも強み。

 販売の歴史ですが、2012年から発売。通常のEVO183は”スターターキット”と呼ばれ、工具やバッグ追加されたボーナスパックが時折、限定で販売されます。
 2015年にマイナーチェンジされました。本体が新デザインとなり、B&D社のロゴ変更に合わせて新ロゴを使用。LEDライト、ビットホルダー追加。バッテリー容量は1.5Ahに増量。標準モデルは、ベーシックと呼称変更。

 同社の中では、主力製品のようで、ヘッドの追加や同品が使うバッテリーが流用できる工具や、電気製品が追加されており活気があります。

 ● MULTI EVO機構 - マルチエボリューションとは

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツール プラス EVO183P1

 特長として、EVO183は、工具先端部が取り外し、交換可能。
名称は、初期型では単に”マルチツール”と呼ばれていました。 

 2015年11月時点になると、同社のカタログやサイトで、”マルチエボ、マルチエボリューションシステム”と名称が付いています。後発のコード有りモデルも”マルチエボ”と呼称されており、機種名でなく機構名を指すようです。

 マルチエボ機は、一つの本体で、さまざまな道具に変化し活躍します。 簡単に言うと、掃除機のヘッドが簡単に交換できるような感じ。 ~ 工具は ルーター、空気入れ、ドリルドライバー、振動ドリルドライバー、インパクトドライバー、丸のこ、ジグソー、サンダーが使用可能。BLACK&DECKERも力を入れていて、ヘッドは新型が投入され続けており進化中の用品です。

 EVO183は、何でもできる気分にさせてくれるセットです。


公式動画:EVO183紹介




◆ 目次と、見出し 
 
購入レポート、取り付け、感想

購入リンク

周辺機器

類似製品

(項目をクリックすると、項目へジャンプします)




■ EVO183 購入レポート


ブラックアンドデッカー(BLACK&DECKER) 18V マルチツール EVO183
 
 私が買ったのは、EVO183でマルチツールの基本セット。スターターキットと呼ばれています。
 通販の販売で一位になるなど、気になってた製品。ただ電動工具は使用経験が無く買うのに踏み切れずにました。ある日、近所のホームセンターで実演会がありブラック&デッカーの方に説明受けながら使って『なかなか良い』と気に入って購入しました。

 ただ、ちょっとタイミングの悪い時期に買ってしまいプレゼントやボーナスセットが無い時に買ってしまった(T-T) ~ 私のような失敗が無いよう、今回は種類の説明やお勧め用品を解説します。

20130307150407-34.jpg



● 外観

[BLACK-DECKER ][EVO183]DSC_0433.tibi.jpg
・トランクを開けてみたところ

 道具はトランクに収納されコンパクト。
 トランクは、「キットボックス」と呼ばれ厚めの樹脂製。ABSだと思います。
使っていて、ぶつけたり、ひっくり返したりしてますが壊れず頑丈。さすがアメリカ製。フタを開けると、道具が整然と並びブラックアンドデッカー社のイメージカラーである、黒と赤で揃えられ精悍。 


■ 各道具の説明、使い方。 それぞれの感想


ブラックアンドデッカー(BLACK&DECKER) 18V マルチツール EVO183

使い方、ヘッドパーツの特長
そして使ってみた感想を紹介しますね。(^^)



● ヘッドの交換

 マルチツールの本体「ボディ」は、ピストル形で、電動工具で見慣れた形。

 特長である、マルチツール機能(マルチエボ)を搭載。拳銃で銃身に当たる部分がオプションヘッドと呼ばれる、さまざまな道具へ交換可能。 ヘッドはボディ本体のボタンを押して交換可能。簡単です。 同様にバッテリーも簡単に交換可能。

 引き金を引くと使用可能。 引き金自体はアナログで、引きしろでドリルの回転など可変操作ができます。~ 注意点として、モーター開口部分に電気の火花が飛びますが、電動工具はブラシモーターを使うので普通です。安心して下さい。



 公式動画:EVO183 オプションヘッド解説
 



● 電動ドリル、ドライバー :EDD183 

ブラックアンドデッカー(BLACK&DECKER) 18V マルチツール EVO183

 電動ドリル、ドライバーユニットは、先が3本ツメのキーレスチャック式。
カバーを回転させ固定するだけでドリルやドライバー、6角ドライバーへの交換が可能。
ヘッド根元にリングがあり回転トルク=クラッチの作動位置の変更可能。本体の引き金で回転速度も調整出来ます。

 電池が18Vもあるので、かなり強力。
家庭で使う、1X(ワンバイ)の木材だと、ほとんど穴開け、ねじ締め可能。あまり回せない状況は無い。ダイヤル最大の位置では、油断すると手の方がねじられたりネジ山を舐めてるほど力があります。 ~ただ、檜や樫など固い木材はインパクトドライバー、振動ドリルドライバーが向いています。

 ドリルで、棚作りや家具の固定。園芸で木の柵を作ったり。車の部品取り付け時に鉄板に穴を開けたり。とても便利です。例えば、わたしは園芸をしてて鳥よけの簡単な木の柵を作ったのですが、40分ほどで作れました。他にも高い場所の取り付け。火災報知機やカーテンレールの取り付けも、今までは背伸びしてネジを締めるのが大変でしたがEVO183を使うと一瞬で終わります。 EVO183を「買って良かった」と思いました

 弱点としては、付属のビットの種類が少なく木材用が主。別途購入がお勧め。

回転数(回転/分):0-800 最大トルク:22Nm  木工穴あけ:25mm  鉄工穴あけ:10mm



● ジグゾー

ブラックアンドデッカー(BLACK&DECKER) 18V マルチツール EVO183

 のこぎりです。
木を切断したり、スピーカーホールなど曲線の穴開けに使えます。

ブレードは5枚付属。柔らかく薄手の金属、木材、プラスチックなどが切断可能。

 取り付け部形状はUシャンク型がつかわれます。
形がちょっと特殊。刃の部分が自分から見て、外側に向かい押すようにして使います。 使用開始の注意点として、刃を替える時は回転方向スイッチを中立にしてヘッドを取り付け。次に回転方向を正転に押し込みます。

 弱点は音が大きい。屋外で使うと昼間でもためらうような大きさ。「ガラガラガラ・・・」という音がします。

 道具としては、あまり凝った使い方はできません。~ 木を粗く切ったり、不燃物をバラバラにするとかに使えます。 正確に切るにはガイドが必要。



● サンダー

ブラックアンドデッカー(BLACK&DECKER) 18V マルチツール EVO183

 便利な用品です。床や金属。木を磨いたり、角落としやトリムに使えます。

 アイロンのような形。平面部分がマジックテープでサンドペーパーを固定、交換できます。木工や金属磨きの粗い処理が可能。面白いのは、ホコリを吸う集塵用ノズルを取り付けられます。

 これが便利です。 木を磨いたり、汚れた家具や台所用品を磨いたり。活躍します。
わたしは、紙ペーパーで木を磨いたり、お風呂場のカビや汚れを落としたり、平面を出してました。時間もかかり、かなり疲れるし大変。~ でもサンダーヘッドがあれば汚れ落としや磨きがとても速い。例えば、木の棚のカビを落とすのも数分でできます。わたしは檜のまな板を磨くのも使いました。

 別売ですが、スクラビングセット Z-74-582Gというスポンジなどが入った磨くためのキットがあります。床や物の研磨などにも使えます。狭い範囲でしたら車にも使えます(後半の用品集に紹介しています)




● 充電器

BLACK&DECKER(ブラック&デッカー) 36V リチウム急速充電器 [充電時間:約60分(BL1536充電時)] LC36

 充電器は、バッテリーをスライドしてはめます。充電状態の分かるランプが付き。

 バッテリー充電時間は30分。リチウムの大容量電池で、DIY作業だとなかなか電池切れにはならない。予備も付いてるし、作業中に電池切れは起きないので安心して作業できます。 電池は400回使用可能と耐久性も高い。




■ 全体の感想
 
 DIY初心者にはとてもお勧め。 たぶん多くの人が気に入って、ずっと使える工具セットです。

 買う前は、電動工具は、メーカーや種類も多く
「揃えるのも大変だな~」と思って、先延ばしにしてたのですが思い切ってEVO183を買って良かったです。 DIYや家のメンテ、車いじりが楽しくなりました。

 素人用かと思ってたら、なかなか活躍するしネットで人気ナンバーワンを獲得しているのも納得。老舗メーカーの品で持っている満足感もあります。電動工具を持ってない方におすすめの一品です。(*^_^*) 

20130307150407-55.jpg





■ 購入用リンク、検索リンク


ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール 【お買い得コンプリートセット】 EVO183H12S-JP

 ここからは、EVO183を購入したい方向けの本体紹介と、そして、EVOを使うのに便利な周辺用品を紹介します。

 前半は、本体。 後半は周辺機器集です。

 ● 購入用リンクの使い方 

商品写真と、横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。
なお、他のネット通販販売品を見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。


■ 本体 セット


ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツール EVO183

 本体と、セット品を紹介します。
EVO183は、通常セットと、時期により、付属品の多い限定パックがあります。


■ 新モデル 


 大きく宣伝されてないのですが、
2015年からEVO183はマイナーチェンジされています。


 本体が新デザイン。2014年の企業ロゴ変更に合わせ、新ロゴを使用。
具体的には、ロゴ外側に赤い囲い線が付くのと、文字が”BLACK+DECKER”となり、”&”の部分が”+”になっているのが見分け方。

 きになる機能追加ですが、グリップ下にLEDライトを装備。 本体上面にビットホルダーが追加。性能はバッテリーが1.3Ah→1.5Ahに増量されました。
なにげに、改良と進化しています。



18V マルチツール ベーシック EVO183B1

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツール ベーシック EVO183B1

 2015年2月に登場した新型。
 ”ベーシック”は基本モデルとなります。

 本体も新型。新デザインでライト付き。バッテリーも1.5Ahに増量。
本体ケース付き。




 *同じ型番で、通常版と、限定版のバック付が存在します。
限定版では、ヘッドがドリルドライバ、サンダー、ジグゾーが付属。現在は販売終了。流通在庫のみになります。



・ マルチツール 【お買い得コンプリートセット】 EVO183H12S-JP
2016年4月4日

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール 【お買い得コンプリートセット】 EVO183H12S-JP
ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール 【お買い得コンプリートセット】 EVO183H12S-JP

 新しく登場したコンプリートセット。
マルチエボに関する製品の豪華な詰め合わせ。

基本セットと九種のヘッド、ハンディ掃除機。USBチャージャー、バッグ、ビットセットが付く完全版です。


セット内容:マルチツールベーシック(EVO183B1)、インパクトヘッド(EIH183)、振動ドリルヘッド(EHH183)、2in1ガーデンエボヘッド(GEH183)、マルチノコギリヘッド(ERS183)、マルノコヘッド(ECH183)、トリマーヘッド(ERH183)、マルチはさみヘッド(EMS183)、空気入れヘッド(EIF183)、オシレーティングヘッド(EOH183)、コード式ボディ(EAC800)、コードレスクリーナー(BDH18B)、USBチャージャー(BDUSB18)オリジナルmultievoバッグ、オリジナルビットセット




● 限定パック


 限定販売版。 
時折、投入され、数ヶ月から半年くらいの発売されます。
ヘッドが増えたり、バッグのおまけが付いたり、お得なセット。 割安になってるので普通はこちらをお勧めします。



18V マルチツール プラス EVO183P1

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツール プラス EVO183P1

 2015年2月に追加されたモデル。
本体も新型。
新デザインでライト付き。バッテリーも1.5Ahに増量。

 ”プラス”には、専用ソフトバッグと
ヘッドは、ドリルドライバ、サンダー、ジグゾーに加えて、通常は別売品で特に人気が高いインパクトと丸ノコヘッドが付きます☆ 私が買った旧セットは無かったので羨ましい。






・ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツールプラス【スペシャルボーナスキット】 EVO183P1-JPBI
BLACK+DECKER(ブラック・アンド・デッカー)

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツールプラス【スペシャルボーナスキット】 EVO183P1-JPBI
ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツールプラス【スペシャルボーナスキット】 EVO183P1-JPBI

 11月15日登場。最新のボーナスパック。

 ベーシックキットに加えて、マルチエボ専用収納バッグと、人気の丸ノコ、空気入れヘッドが付きます。
収納バックは、仕切りがあり色んなヘッドが収納可能。





・ EVO183B1-JPU
ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツールベーシック USB充電器付き 【限定セット品】

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツールベーシック USB充電器付き 【限定セット品】 EVO183B1-JPU
 
 ネットの通販で、余り見かけないめずらしいモデル。
限定品で、新モデルのセットにUSB充電器のおまけが付きます。
あまり、詳しい情報が出てないのですが写真から判断するとEVO183用のバッテリーを充電器に変換するアダプターが付属しているようです。上面にバッテリー残量。背面にUSB端子がふたつ付いてます。

 USB充電器の単体販売はされておらす、このセットのみの特典。なかなか便利そうなので、ぜひ別売して欲しい用品です。






・ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツール プラス EVO183P1
2015/1/21

BLACK&DECKER 18Vリチウム マルチツールプラス EVO183P1 ガーデニング・DIY・防殺虫 アイデアガーデニング

 最初に登場した限定パック。
通常セットに、専用ソフトバッグと丸ノコヘッドが付きます。





・Black & Decker BDCDMT1206KITC Matrix 6 Tool ケースと工具コンボキッド
 →公式解説(英語)

 海外で発売された限定モデル。

インパクトドライバー、ジグソー、オシレーター、ルーター、サンディングアタッチメント付属





■ 前モデル


 初期型。
新型との違いは。ロゴと。LEDライトとビットホルダーが無し。
バッテリー容量が1割ほど小さい。



ブラックアンドデッカー(BLACK&DECKER) 18V マルチツール EVO183 BLACK&DECKER (2012/9/25)

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V マルチツール EVO183

 EVO183のスタンダートなセット。
初めて登場したマルチツールで、大人気となりました。
トランクに、本体と拡張ヘッド、充電器、やすりやドライバー、ドリル先などの付属品が入ってます。

 発売当時2万円しましたが、今は少し下がり1万8千円くらいで買えます。






ブラックアンドデッカー(BLACK&DECKER) 18Vマルチツール スペシャルボーナスキット EVO183BIC

 EVO183で一番、工具と付属品が多いセットです。 

ボーナスセットで、工具を持ち運ぶバッグや、腰に下げられるポーチ、
追加工具がつきました。人気が高い、インパクトと丸ノコが付属。

 価格は、2万7千円~3万円位。
バッグ類はけっこうな価格がするので、在庫があるならこちらがお勧めです。




■ マルチツール本体


 本体のバリエーション。
単体販売と、インパクト付き、マルチのこぎり付きがあります。


 コード式で、長時間作業が可能になります。



・マルチツール コード式 EAC800
2013年2月20日発売

 後に販売された、コード式(有線)の本体。

 長時間の研磨や穴開けなど、
バッテリー2個では足りない長時間作業向け。



> インパクト付属



> マルチのこぎり付き



■ 周辺機器集


 EVO183マルチツールを使うのに便利な用品、交換用品

■ 保護用品


・保護メガネ MP821

 まず、最初に強くお勧めするのが保護用品。
電動工具を使うのに必需品が保護用ゴーグル。 DIY作業の時、うっかりぶつけたり木材や金属の破片から目を守ります。

 MP821は保護グラスで一番人気。 日本製でUVカット、JIS規格を取得しています。
私も買ってみましたが、価格も安く歪みも少なめ。 お勧めです。




■ マルチツールヘッド


ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール 【お買い得コンプリートセット】 EVO183H12S-JP

 EVO183マルチツールには、たくさんの専用工具が用意されています。
人気順に紹介します。


■ 空気入れ


・インフレーターヘッド EIF183

ブラックアンドデッカー(BLACK&DECKER) 18V マルチツール EVO183

 空気入れ。ヘッドユニットで一番人気。日本のみで発売されているようです。
自転車やボール、浮き輪などに空気を入れられます。

 ただし、弱点もありロードレーサーなどに高圧で入れるのは無理。
価格も高いので、普通の空気いれの方が良いと思う。 インフレーターは、空気入れ本体の場所をあまり取らずに済むのだけが利点でしょうか。




■ 穴開け・ねじ締め


・インパクトヘッド

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) インパクトドライバーヘッド EIH183

 DIYをする人が憧れるのがインパクト。
マルチツール用のインパクトヘッドは、日本のみで発売されているようです。


ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) インパクトドライバーヘッド EIH183

 ハンマーで打撃を与え、回転力が上がります。マルチエボ用のヘッドでは最大のトルクを持ちます。
標準ドリルより、6倍以上トルクが上がるのでコンクリートや煉瓦。硬い木材へのねじ打ちや穴開けができるようになります。


回転数(回転/分):0-3,100  最大トルク:140N・m  打撃数(回/分):0-4,000
付属品:#2プラス両頭ビット
注意点として、通常ドライバーのようなクラッチ切り換え設定は無いです。

 EVO183での作業に慣れてきたら、欲しい一品です。

 便利な使い方として、DIYではドリルとドライバーを交互に使うことが多いのですが、こちらにドリルをつけて通常のヘッドにはドライバーを付けて使い分けるのも便利です。





・【BLACK&DECKER】振動ドリルDVヘッド EHH183 18Vマルチ

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 振動ドリルドライバーヘッド EHH183

 振動ドリル。私も購入しました。

 このドリルヘッドが面白いのは、一台で振動ドリルと通常のドルが切り替え可能。つまり、通常よりパワーのあるドリルと振動ドリルが使えます。

操作は、リング部分で振動ドリルのオンオフ+トルク切り換え(強弱)と通常のドリルモード時に作動させる9段階のクラッチがあります。

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 振動ドリルドライバーヘッド EHH183

標準セットのEDD183の2倍近いトルクがあるので、コンクリや金属の穴開けが作業が容易になります。
(トルク比較 標準:22N 振動ドリルヘッド:46N)

振動ドリルモードでは、ドリルの前後方向に衝撃を与えるので削岩機のようにコンクリートや石の穴開けに向いています。

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 振動ドリルドライバーヘッド EHH183

回転数(回転/分):0-500/0-1,600  最大トルク:46N・m  打撃数(回/分):0-7,500、0-24,00  クラッチ:10段階
付属品;ドリル2.5mm、ドリル6mm。 プラス#2、ポジドライブ#2

 便利な使い方として、DIYではドリルとドライバーを交互に使うことが多いのですが
こちらにドリルをつけて、通常のヘッドにドライバーを付けて使い分けるのも便利です。




■ 切断・剥離・研削


切断や研磨作業用ツール。



オシレーティングマルチツール
2012/9/5発売

 切断・剥離・研削作業ができるようになるヘッド
タイルや床材の剥離などに使えます。




■ 切る


・マルチはさみセット EMS183

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) はさみヘッド(ヘッド単体) EMS183ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) はさみヘッド(ヘッド単体) EMS183
 
 今年登場した新型
枝の剪定や,革の切断などに使えます。





ガーデンエボ/マルチエボ専用 2in1ガーデンヘッド GEH183-JP
2014/2/3発売

芝生・生垣・庭木の3つの剪定が可能





・マルチノコギリヘッド ERS183
2013/11 発売

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチノコギリヘッド ERS183

 さまざまな物を切断できる3種類のブレード付き。
粗大ゴミの解体や庭木の剪定などに使用可能。






・丸ノコ ECH183

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルノコヘッド ECH183

 コードレスでは珍しい丸ノコ。
丸ノコとしては、大きさが小さいのも強み。




■ 装飾加工


トリマー
2012/9/5発売

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) トリマーヘッド ERH183

 やや評判が悪いです。
本格に作業を行う方には、専用工具がオススメ。






■ 交換、追加用工具


 おすすめ用品や、追加用の工具


● ドリルドライバー


おすすめ! RELIEF 六角軸下穴ドリルと両頭ビット10本組
ミツトモ製作所

 私も購入しました。
EVO純正付属ドライバービットは、精度が低くネジを舐めやすく、こちらのセットを一緒に買うのをお勧めします。

 このセットは、ドリル、ドライバー用で人気の製品 
ドリルはチタンコート。ドリルで鉄・銅・アルミ・樹脂・木材などの穴あけが可能、ドライバーで木ネジ、タッピングネジの締め付けに使えます。ドライバーは真鍮メッキで錆び対策されてるのが嬉しい。EVO純正より精度が高くてしっかり回せます。
 
 弱点として、ドライバービットは素材が硬くマイナスが欠けやすい。
ただ価格が安いしビットは消耗品として割り切りましょう。






・BLACK&DECKER ジグソーブレート8本セット Z-X28115

 ジグゾー用の刃。
金属切断対応刃もあり、作業の幅が広がります。

軟鋼板、アルミニウム、硬質プラスチック、木材、合板、プラスチック、塩ビ用が入ってます。


● 磨き


・ポリッシングセット Z-74-581G

 研磨用パッドのセット。私も買ってみました。
磨き用パッド2種と、スポンジ(EVO183に付いてるのと同じもの)が入ってます。
スクラビングパッド(荒目)×2枚、スクラビングパッド(仕上げ用)×2枚、スポンジパッド×2枚







・BLACK&DECKER スクラビングセット Z-74-582G

 私も買ってみました。簡単な汚れ落としと磨き用パッドのセット。

 磨き、錆、キズ落とし、汚れ落としやワックス仕上げに使えます。
スクラビングパッドは、硬めの繊維でできてます。スポンジは、EVO183に標準付属品と同じもの。

内容:スクラビングパッド(荒目)×2枚、スクラビングパッド(仕上げ用)×2枚、スポンジパッド×2枚





・おすすめ! ヤナセ ポリッシャー4点セット φ125 PL4-SET
柳瀬

 私も買ってみました。
台座部に、マジックテープが付いておりスポンジを貼り付けられます。
マジックバフは、紙やすりなど、マジックテープに付く他社の製品も使えました。スポンジは、少し硬め。羊毛バフはふわふわ。バフは柔らかい。

床を磨いたり、車の窓やヘッドライトを研磨したり。応用が利くしEVO用品の中でもお勧め。
単体で買うと高い用品が揃っておりお得です。 





■ ライト


・BLACK&DECKER 【白色LED28灯で明るく360度照射】LEDライトバー360オレンジ/ブラック BDLB28-XJ

 私も買いました。B&D製の作業用ライト。
 作業や、暗い場所夜少し赤いが欲しい時に便利。良く使ってます。ライトにもランタンにも使える。使い勝手も良く吊したり横向けたり。なかなか便利。DIYやアウトドア。災害対策用に心強い。

 リレーに使うバトンくらいの太さです。保護部は頑丈な樹脂。ライトは光る角度を3段階切り替え可能。スポット→広角→全方向。

連続点灯時間は15時間(フルモード)から21時間(ランタンモード)と長時間。電池は、単三x3本です。






● バック


 工具の収納に便利なバッグ。



・SK11 ツールキャリーバッグ PRO STC-L

SK11 ツールキャリーバッグ PRO STC-L
SK11 ツールキャリーバッグPRO ハードボトム STC-HB-L
SK11 ツールキャリーバッグPRO ハードボトム STC-HB-L

 人気が有るバッグ。私も工具入れに使ってます。
ポケットも多くて工具の収納に便利です。

種類は、大きさでLとM。PROとハードボトムがあります。
  ハードボトムは、内部に仕切りが追加されます。底面は樹脂製で強化されています、繊細な道具を入れたり小分けするのに向いてます、





■ 作業台


・BLACK&DECKER ワークメイト Z-WM225

BLACK&DECKER ワークメイト Z-WM225
 
 作業台で一番人気。
高さ調整2段階可能。折りたたみ可能。






・ AP ライトワークベンチ スモール【工具 DIY】【アストロプロダクツ】
アストロプロダクツ

 工具入れと台が一緒になった製品、片付きやすくて良いですね。
わたしも欲しい。




■ その他 あると便利な工具


 工具類を全然持ってない方は、セット類が有ると便利。
amazonで人気が有るセットを紹介しておきます



・SK11 ガレージツールセット ETS-45G



その他はこちら→ 検索 工具セット人気順工具セット

■ 掃除機


・ コードレスハンディクリーナー 18V BDH18B

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) コードレスハンディクリーナー 18V BDH18B

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) コードレスハンディクリーナー 18V BDH18B

 EVO183のバッテリーが使える掃除機。
ハンディ掃除機は、バッテリーの寿命が心配ですが、これなら、交換して使えます。

 クリーナーとしても優れていて、18Vの高出力とゴア社のフィルターを使用。外側は水洗い可能。

 注意点:クリーナー本体のみ販売。EVO183のバッテリーや、充電器が必要です。




■ Bluetoothスピーカー


・ BDCSP18 18V Bluetoothスピーカー
2016年4月発売

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 18V Bluetoothスピーカー(本体のみ) BDCSP18-JP

 EVO183のバッテリーが使える、Bluetoothスピーカー
付属のACアダプターで、家庭用コンセントからの使用も出来ます。

実用最大出力:8W スピーカー接続:Bluetooth / AUX(φ3.5mm) 対応プロファイル :A2DP
連続使用時間目安:約3時間(1.5Ahバッテリー使用時)






■ USBアダプター


・ 18V USBアダプター(本体のみ) BDUSB18-JP
2016年4月発売

 EVO183のバッテリー「BL1518N」や「BL2018」を、モバイルバッテリーにできるオプション。

USB端子は2口。合計1.5A出力
限定パックとのセット販売のみでしたが、単体発売になりました。





■ 電池


・ブラック&デッカー リチウムイオンバッテリー BL1518

連続使用で30分使用可能。
普通に、ドリルやねじ回しに使う分には十分な性能です。




■ 類似製品


 そのほか、似た製品や、ちょっと違う形状が欲しい方向けの製品。



・SK11 充電マルチツール 10.8V SMT-108V-13Lis

研磨、切断、剥がし作業用ツール








■ 関連、参考

・日本公式 
http://www.blackanddecker-japan.com/

BLACK + DECKER楽天市場店のページ 

Amazon BLACK + DECKERのページ


● ● 最後に

 今回、エボ183の用品をメモも兼ねて記事を作ってみました。
お役に立ててるかな?(*^_^*)

 電動工具は、「あると便利」と知ってても、素人が買うのにはなかなか勇気が要る製品です。 
EVO183なら、よく使う道具が揃い、DIYに使うには充分で満足度の高い製品。
私も買って良かったと思いますし、あると作業が簡単にできる安心感があります。

 わたしも、ちょくちょく使っていて
棚を作ったり、カーテンレールを取り付けるなど。DIYが気楽にできるようになりました。


 あなたのDIYや園芸、車いじりが楽しくなりますようにv(*^^*)

私も使っている工具なので、まめに更新してます。また見て下さいね♪



■ 更新情報


2016年11月10日 文章、写真整理、サイズ調整。文章見出し強調。publicdomain画像追加
2016年11月10日 ヤフオクリンク削除、文章整理 モデルさん画像追加
2016年06月06日 USBアダプター、Bluetoothスピーカー、海外限定パック追加
2016年03月28日 文章整理、工具バッグ追加。
2016年02月04日 文章整理、見出しタグ修正。
2015年12月15日 ヘッド画像追加 本体、新旧モデル追加、分類
2015年11月13日 文章整理、ヘッドを用途別に分類。企業ロゴ解説、新旧製品の見かけ方解説 マルチエボについての時期、解説を追加
2015年09月26日 文章整理 
2015年06月19日 バーツ紹介と、使ってみた感想を統合。 新モデル、限定パック追記
2015年04月14日 文章整理 見出しタグ、区切り追加。リンクで本体と、パーツを並べ、作業台の順位を下げる。
2014年12月20日 感想,見出し用タグ追加、文章整理、マジックバフ追加。