ソチで、ロシア初のF1レースが開催。 ようすと結果

F1
2014 FIA F1 世界選手権 総集編 完全日本語版 BD版 [Blu-ray]
2014 FIA F1 世界選手権 総集編 完全日本語版 BD版 [Blu-ray]

ロシアで初めてのF1が開催されました。

 レース会場は、今年初めにソチで行われたばかりの冬期オリンピックの会場が利用されます。
コースは、5輪会場となっています。

■ レースのようす、リザルト

 会場には、プーチン大統領やメドベージェフ首相も訪れました。

 結果は、
メルセデスが1、2位。 ハミルトンが1位。ベルグが2位。
3位にウィリアムズのボッタス。4位にはウィリアムズのバトンが入りました。

 日本勢の、小林可夢偉はリタイア。

 ウクライナのトラブルで、ヨーロッパ勢と対立し、ちょっと元気が無いロシアですが
スポーツと政治は切り離したいものです。オリンピックと、F1が無事に終了して良かったです。

F1 2014
F1 2014

 蘇る伝説チーム。ヨシムラが、レジェンドチームで、8耐に挑む! あのレーサーが鈴鹿に☆


スズキGSX-R750ヨシムラ 1986年TT-F1仕様 (1/12 バイクシリーズ No.2)
スズキGSX-R750ヨシムラ 1986年TT-F1仕様 (1/12 バイクシリーズ No.2)


 オリンピック良かったですね、スキージャンプのレジェンド”葛西”選手と日本チーム活躍。
優勝者よりも、葛西選手への質問が集まる人気でした

 ヨーロッパ中心のスポーツで、日本選手が、海外でリスペクトされる光景は始めて見るので感激しました。
とても面白かったです。

 日本で、他に世界に注目される者と言えば、車とバイク。
車では、ホンダが2015年からF1に戻ってくるそうで、楽しみ。

 そして。バイクの世界にも伝説があります。


■ バイクブームと、日本で最も”熱かった夏” 86年スズカ


 80年代、バイクは日本で、ものすごいブームとなりました、
バイクマンガが火付け役と言われており、若者たちは、バイクに夢中。

バリバリ伝説(1) (講談社コミックス (922))
バリバリ伝説(1) (講談社コミックス (922))

街角や、峠には、街道レーサーが走り、レースでは 頂点である、世界グランプリも人気を集めました。



 ● スズカ8時間耐久 

1985年 鈴鹿8時間耐久ロードレース公式 [DVD]
1985年 鈴鹿8時間耐久ロードレース公式 [DVD]

 日本国内では、鈴鹿8時間耐久レースが人気がありました。
唯一の世界選手権であり、世界のトップライダーが集まりました

1985年 鈴鹿8時間耐久ロードレース公式 [DVD]
1985年 鈴鹿8時間耐久ロードレース公式 [DVD]

86年には、なんと観客15万人が集まりました(^o^)
登場したライダーは、世界チャンピオンのワインガードナー、ケニーロバーツ。日本のGPレーサー、平忠彦選手。
日本の芸能人も、駆けつけ、日本のバイクレースで最も熱かった瞬間でしょう。

1/12 BIKEシリーズ No.5 ヤマハFZR750 85年式 ShiseidoTECH21レーシングチーム
1/12 BIKEシリーズ No.5 ヤマハFZR750 85年式 ShiseidoTECH21レーシングチーム

 そのレースに日本勢で、挑戦したチームがおやじこと”ポップヨシムラ”が率いるチームヨシムラ。
地元ホンダ、生粋のワークスチーム勢に、ヨシムラは果敢に挑みました。

 ネット通販で、バイクもみてたのですけど、格好いいですね~(☆☆)

フィギュア 1/12 BIKEシリーズ NO.2 ヨシムラ・スズキGSX-R750 1986年鈴鹿8耐レース仕様 909-210-0100
フィギュア 1/12 BIKEシリーズ NO.2 ヨシムラ・スズキGSX-R750 1986年鈴鹿8耐レース仕様 909-210-0100


 そして、今年。バイクで有名なヨシムラが、60周年記念で、
8時間耐久レースに、かっての伝説ライダーを用意し、豪華な布陣で挑むことになりました。


■ ヨシムラ レジェンドチーム


車で人気のスズキですが、バイクも人気です。
そして、スズキに長く関わり有名なのが、セミワークスといえる「ヨシムラ」。

 今年の8耐に、ヨシムラが世界と、日本のエースを擁して、挑戦します。

チーム名は、「Legend of ヨシムラスズキシェルアドバンスレーシングチーム」

 チームは2台体制で、 監督はヨシムラの車長、吉村不二雄さんと、現監督の加藤陽平さん、

 注目のライダーは、
1986年の8時間耐久ではペアで3位表彰台を獲得している選手たち、

ケビン・シュワンツ物語 [DVD]
ケビン・シュワンツ物語 [DVD]

一人は、1993年の世界GPチャンピオンのケビン・シュワンツ選手、
そしてペアライダーでもあり、1985~1986年MFJ全日本選手権TT F-1チャンピオンでもある辻本聡選手。

 かっての熱気を呼び起こし、これからの時代の方向性を問う挑戦です
\(^O^)/